写真・映像修行記 修行記

手ブレ対策 その2 テーブル三脚をスタビライザー代わりに使う (写真・映像修行記 #32)

テーブル三脚をスタビライザー代わりに使うのはあまり知られてないけど、少し効果がある方法です。特に望遠系焦点距離を使うときによいんですね。ここまで対策をすることはあまりしないけど、いざというときに少し遅めのシャッターを手持ちで撮影するときに使います。ISと組み合わせるとISのみより少し良くなる程度なので期待し過ぎはできないですよ。

手ブレ対策をしていた2回めの記事です。最初の記事はシャッターボタンと人差し指の置く位置について書いています。単純に指の腹をシャッターボタンに乗せるというより効果的ですが、カメラ機種ごとに位置は微妙に違いがあります。シャッターボタン付近の形状やシャッターボタンの触感の影響が大きいです。その記事は次のところにあります。

マンフロットのPixi Evo

マンフロット Pixi Evo (C) Y.Takenaka 2019

pixi Evoを使う方はゴリラポッドより少ないかもしれませんけど、コンパクトになって持ち運べるのでかばんに忍ばしていますね。テーブル三脚なのですが、簡易スタビライザーにできるんですね。

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BK (amazon.co.jpのアフィリエイトリンクを利用しています。)

カメラに装着する

EOS80DとPixi EVO
EOS80DとPixi EVO (C) Y.Takenaka 2019

普通の三脚なので、三脚ネジ穴につけておしまいです。

簡易スタビライザとして使う

簡易スタビライザーとして利用する場合の注意点は、

  • 三脚は広げたままにすること
  • 自由雲台のノブは完全に緩めておくこと
  • ストラップや手が三脚に引っかからないようにする

こういった注意点がありますね。三脚の底にできる三角形(面)でバランスを取ろうとするために効果が少し出るんです。

どんな感じに効くのか?

レンズを望遠焦点距離にしてカメラファインダーを覗くと、揺れ方がゆるくなだらかな感じになるんですね。そして、つけないときより、揺れ幅が少し狭まるんです。ラーメンにおける胡椒みたいなものというのかな。ピリッと効くということです。

それ故に、動画撮影のときにも違いが出てくるんだなとおもった。ただし、適切なサンプルが取れてないのでみせられないけど、EF-S 35mm IS macroでも効きがありました。

不可能な使い方

この方法は万能ではないです。たとえば、カメラを上に向けたり、縦位置で構えようとしたり、下に向けるときの動作なのです。

この場合は、Pixi Evoの可動範囲の影響なのです。L型プレートを使うと縦位置でも利用可能だとは思いますが、試していないです。ストラップを外すようにしないと使いづらそうですね。

正面から上下に+/- 15度位が使える範囲かな。その点だけは理解して使うと良いです。

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BK (amazon.co.jpのアフィリエイトリンクを利用しています。)

今日のアイキャッチ画像

(C) Y.Takenaka 2019

こちらはフクロウの信楽焼のものですね。陶芸の森での撮影です。

もしよければ、シェアやいいね!を宜しく!
error
Dagtap ... 語感の覚えやすさとフリック入力で打ちやすいアルファベットを選んだ名前です。それ以上の意味はありません。Twitter: @yst44 Instagram: @yasuto.takenaka が運営してるブログです。連絡先は Gmaily.takenakaです。